Agumonのすっでん日記

雑魚です^q^

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

うん。

最近、どうやったらうまくなれるの?と発言する人がよく見られるので、自分はうまくないけど、こうすれば結構有利に戦えるよ~とか教えたいと思います。
尚、今回はAR編ですのでSRだとあまり参考にならないと思います。
自分はまだSR練習中の身ですので、自分でもういいかなぁと判断したらまた載せたいと思います。
では、続きにて。


第3倉庫のAで説明します。

基本

1.まずはAホール(テロ部屋とも言う)を、即効で取りにいく。
ここを取らないとホールを取られて仲間が不利になってしまうことが多々あります。
自分はシリンダー(赤リスポーンからでてホールへ行く途中のとこ)まではナイフ移動で、ホールに入った瞬間ARを構えてます。これによって誰よりも先にホールを取ることができます。
しかし、CTラッシュ(Counter Terrorist ラッシュの略)を即効でされた場合には武器を持ったときのディレイ(待ち時間)により、対処できなくなってしまうことが多いです。
なので、慣れないうちはシリンダーでもう武器を持っておいたほうが交戦できます。

2.ショート(Aロング入ろうとすると、T字型の通路があるところ。)にいると予測を立て、ショートを覗くと同時に打つ。
対外のSRがしゃがんでることが多いですので、しゃがんた時のHSラインにあわせて撃つとHSが出せることがあり、マグレでも敵を食えたりします。
ただ、ロングにもSRがいるはずなので、あまり出ないように気をつけて交戦しましょう。
大体、3発撃って引くといいと思います。

3.味方SRがロング or ショートを覗いてるときはL字を見る。
全員がロングやショートを見ていると、後ろからきた敵に気づかずやられてしまうことがあります。
また、味方SRがロングの方向を見ているときは極力ショートを覗くように心がけてください。
SRは常に一つのとこしか見れないので(スコープを展開しているために)ショートを見ることはSRにとってとても力強いことです。


ラッシュ時

1.ショートにいる敵を警戒する。
ショートをクリアエリングせずに通ると、ショートにいた敵に見つかってしまい、そのまま死んでしまうとゆうケースが多いです。野良では。
ですので、ロングをある程度警戒したら、ショートも見て、余裕を持ってAを攻めましょう。
※注意
Aを攻めるときはなるべくARが前を出て、複数で。SRが前線のARを援護するような形になればおk

2.コンテナ奥とかにSRがいる場合、ショートを抜ける。
コンテナ奥とかにいるSRはARにとって面倒ですよね。
ボムを投げたりして対処しようとすればできるのですが、その前にボムを投げられたり、倒されたりした場合味方にとってこれはあまりにもつらいです。
敵の位置を予測することができますが、だからと言って戦力があがったわけではありません。どちらかというと下がったほうです。
巧い人ならこの状況を打破できるのでしょうが、野良でこの状態になって打破した人をボクはあまり見たことがありません。
話がそれましたが、ショートを抜ければコンテナ奥にいるSRにとって死角になるのでとても戦いやすいです。

3.ショートを抜けたらCT(キャットとも言う)をクリアエリングする。
CTを見ないで連通(S字とも言う)に行ってしまうと、CTにいるSRに殺されたりするので、クリアエリングするときは交互にCTと連通をクリアエリング。異常が見られないならばそのままAを攻め込む。
ただ、味方がついてこないでAロング抜けたりすることがあります。このときは一拍置いてから攻め込んでください。味方がギリギリまで削った敵を倒すことができたりします。
自分が食えなかったとは言え、敵を倒すことができたのですから結果オーライです。


設置したとき

4.設置場所は味方が援護しやすい場所に。
コンテナに設置されると、敵を見つけるまでに時間がかかったりして解除されることがあります。
できるだけロングから見えるとこ(今度SS乗せます)に設置しましょう。
ロングからきた味方は逸早くその場所を把握できます。

もし味方が倒された場合、レーダーをよく見て敵の行動を把握しましょう。
「自分だったらここをこう行って、ここをクリアエリングするな」と、相手と自分を重ねてみましょう。
そのとおりに動いてくれることが多々あり、とても面白いですよ。

たとえば、Aに設置したらBロングで味方が死んだ。敵の武器はARで味方の武器はSR。
近距離で死んだんだなと予測を立て、Aホールで待ち伏せをする。
そうするとかなりの確立で敵がホールからやってきて、撃ち負けしない限りは勝てます。
ただ両方SRや、敵がSRの場合は難しいです。
両方SRだと遠距離Bロングで撃ちあったのかもしれないし、見方がBを攻め込もうとして遠距離Bロングでやられたのかもしれないので。



大体ボクはAを攻めるとき、これを頭に入れて行動してます。
もちろん、何回も同じ行動をすると相手にもバレてしまうので別の攻め方もありますが、
またの機会でお話したいと思います



さて、次はAIMについて。

よく初心者さんはフルオートをしたりしますが、それだと当たらなくて当然です。

ボクはよくこんな撃ち方をします。

近距離 - フルート
中距離 - 3点タップ
遠距離 - 1~2点タップ

まぁ、そのときの状況によって使い分けたりしてますが大体こんな感じです。
敵が複数いるときは

近距離 - 片方に3発あてて、もう片方に3発あてる。
中距離 - どちらかに3発を当てる。もしそれで死んでもしょうがないってことで。
遠距離 - 逃げる

こうですかね…
遠距離に複数いたりすると一斉に自分を撃ってきたりするので倒すことはまず難しいでしょう。(SGならマグレで遠距離3発同時HSしたことありますが)
遠距離に複数いたときは、交戦することを考えないで逃げることを優先させたほうがいいでしょう。
ただ、遠距離を全員HSできるAutoAimな腕があるのなら挑戦してみるのもいいかもしれません。

あとは、リコイルコントロールですかね…

たとえば、銃を撃ってるときって反動により銃口が上に上がったりしますよね?
それをマウスを下げることにより抑えて命中率をあげることをリコイルコントロールなんて言ったりします。
初心者のうちにこれを習得するのは難しいですが、これがないとKD50%が限界です。
私もよく、昔はリコイルせずにフルートしたりしてましたが、今はリコイルコントロールのおかげでKDも57%になり彼女ができました。

さて、今日はこれぐらいにしておきます。

べ、べつに面倒ってわけじゃないんだから!ただ、MPが足りないのよ!MPが!
MPさえ足りればあんたたちだってKD60%いくんだからね!
スポンサーサイト

| 攻略的な物 | 16:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://saaggressive.blog75.fc2.com/tb.php/36-74c08f64

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT